継続は力なり。

    子供の頃からよく聞く言葉。

    好きなもんなら言われなくても続くでしょって思ってた。

    実際はそんな簡単なものではなくて。

    自分はホントに物事が続かない。

    思い付くことは腐るほどあるのよ。

    アイディアということだけで言ったらまあまあスペック高いと思ってる。

    だがアイディアなんてものは実証して結果を出してこそ意味のあるもの。

    思い付いてコレ面白いなんてのは程度の違いこそあれ誰でも出来ること。

    そこからソレが面白いことなんだと示して初めて意味や価値が出るのだ。

    言い訳がアイディアを上書きしていく毎日。

    誰のせいでもなく己の裁量。

    やりたいことはいっぱいあるとはよく言うけど、果たしてやりたいこととは。

    何となくやってみたいけど努力も苦労もなく触りだけ体験できたら満足みたいな感覚のモノを除いていったら、どれだけのやりたいことが残るか。

    もちろんこんな風にわざわざ物事重く捉えて思考している時点でダメなのは重々承知。

    この思考というのも行動を起こさない理由を作る一部になりえるからね。

    とにかく動くってのはホントに真理。

    他人の人生を巻き込むようなことならそりゃ思考すべきだが、自身が一人でやりたいことなんてのは失敗しても自業自得で済むし、何なら失敗した経験が今後ソレはやらないと決められる時点で1つの成果みたいなもん。

    だから絶対に何かを得られる確証があるんだから、とにかく動いてやってみることがいいことは間違いない。

    それでもやらないということは。

    まあ怠慢だよな。

    今はとにかくやれることをやる。

    それだけ。

    やるやるー!

    おはようございます。

    まずは挨拶をしっかりと毎日。

    思い返せばホントに毎日物事が続かない。

    三日坊主などまだ良い方で、ひどい時はその日の朝に決めたことをその日の夜に破るなんてこともしばしば。

    「◯◯をやる」

    と宣言すればやるかと思えばそれすらもって1週間とか。

    まあいいや

    が自分の根本に根付いているのだろう。

    これは不味い。

    非常に不味い。

    そりゃ大事なもん取りこぼすわ。

    反省はできる。

    自戒もできる。

    目標も立てられる。

    始めることもできる。

    でも続かない。

    続かないのよ。

    何かのために頑張るってのは詰まるところその何かのせいにしてるってことになりかねないからキライなんだと、全ては自業自得なんて宣って生きてきたけど、それって結局自分以外に責任もなにも負わず楽してきただけなんじゃないかなと思う今日この頃。

    で、最終的に迷惑被るのは自分なんだから物事続かなくても自分が困るだけだから続かないのか。

    自分を大事にしろって大事な人に散々言われてきたのにこの体たらく。

    これも言い訳だな。

    動くことしか応えはできないもんな。

    動くよ。

    我輩は人見知りである。

    未だに治らない。

    ふと思ったけど、この

    「人見知りが治らない」

    という表現も下手したら何かしら叩かれるのかな?

    「治らない」という表現は「治さなければいけないモノ」と決めつけている!

    みたいな。

    そんな穿った考えが浮かぶくらいには2021年夏の世界は、正義だか正論だか倫理だかを証明することが全てみたいなところだ。

    昔好きでやり込んだタクティクスオウガというゲームで、敵が絶対にこちらを攻撃できない安全を確保してからひたすら石(ゲーム内では武器扱い)を投げていたが、SNS上にはそんなプレイヤーが群れをなしている。

    ゲームと現実は違う。

    でもSNS上に存在する自分をゲームと同じ仮想プレイヤーの感覚で使っているやつが多い。

    結局は想像力。

    SNS上で他者に対して何かを投げ掛けたその時点で責任はあるのよ。

    面と向かっては言えないなーと思うなら飲み込むのが吉なのよ。

    声をあげるのが大事とか宣うならその石を返す場所を明示してから投げてくれ。

    投げっぱなしは良くないって人に言う。

    責任取れって人に言う。

    じゃあ翻って己も同じことを言われてもいいようにしておくのが筋だ。

    一番の解決はほっておく。

    これに尽きる。

    こんなことを書きたかったわけじゃねーんだよな。

    人見知りについて書きたかったのよ。

    くそう。

    行ってきます。

     

     

    このページのトップヘ