YUDUKI official site
演劇用語

板付き【いたつき】

幕が上がった時点で役者が舞台上にいることを「板付き」と言います。
開幕の時だけでなく、転換後などでも同じです。
「板」とは舞台のことで、
逆に、役者が舞台袖でスタンバイしていることを
「陰板」(かげいた)といいます。

役者は、幕が上がったり明かりが付くタイミングなどにあわせて
芝居を始めるのですが、
このスタンバイの時間が、一番緊張する時間、という役者が多いようです。

ちなみに、仕事などに慣れてしっくりきている様子を表す
「板に付いている」とは意味合いが違う言葉です。
こちらは俳優がしっかりと舞台に立っている様子から生まれた言葉ですね。
ということは、役者という仕事が「板に付いて」いなくても
舞台に「板付き」でいることもあるのです。