演劇用語

あめんぼ

発声練習でよく使われる作品に、
「あめんぼ」という北原白秋の詩があります。

二代目市川団十郎の「外郎売」などと並び、
滑説・発声の練習や、鼻濁音を覚えるのに用いられる代表的な作品で、
演劇の練習で用いられる以外にも、
声優やアナウンサーなど、声の仕事を目指す人にとっても、
一度は通る作品ではないでしょうか。

しかし、こうしたトレーニングは、単に丸暗記して言うだけなら割と簡単で、
あまり意味のないものになってしまいます。
早口言葉でも同じですが、大切なのは一つ一つの言葉の意味や
口の形(発声)を考えながら、尚かつ文字を追わずに練習することです。
全文を掲載しておきますので、ぜひ皆さんも発声してみてください。

あめんぼ赤いな あいうえお
浮き雲に 小えびも泳いでる
柿の木栗の木 かきくけこ
きつつきコツコツ 枯れケヤキ
ささげに巣をかけ さしすせそ
その魚(うを) 浅瀬で刺しました
立ちましょラッパで たちつてと
トテトテタッタと 飛び立った
なめくじノロノロ なにぬねの
納戸にぬめって 何ねばる
鳩ぽっぽホロホロ はひふへほ
日向のお部屋にゃ 笛を吹く
まいまいネジ巻き まみむめも
梅の実落ちても 見もしまい
焼き栗 ゆで栗 やいゆえよ
やまたに火のつく 宵の家
雷鳥 寒かろ らりるれろ
れんげが咲いたら 瑠璃の鳥
わいわい わっしょい わいうえを
植木屋井戸がえ お祭りだ