今日もレッドブルキメてます。

    どうもユヅキです。


    つい先日こんなツイートをしました。


    するとどうでしょう。

    わたしの身を案じた連絡がそこそこにくるのです。

    「死ぬんか?」

    「ご飯行きます?」

    「何かあったんですよね」

    「とりあえず本番の音響だけはやってください」

    etc...


    なんだ?

    俺はメンヘラとでも思われてんのか?


    実際大した意味も意図もなく単に

    そうだ。Twitterをやめよう。うん。

    と考えた結果としてあのツイートになったわけだが。

    友達曰く

    「あー 匂わせてんなー」

    と思ったとのこと。

    なるほど。

    これが世に言う「匂わせツイート」というやつか。

    何一つ隠し味のない文章なんだがね。

    何にせよ心配してくれた方、ありがとうございました。



    ということで本題。

    何故Twitterをやめようと思うに至ったか。

    それを説明しよう。


    結論から言うと

    「Twitterを見ている時が一番自分の性格が悪いなぁと感じることが多いから」

    です。

    「いつも性格悪いやんけ」

    という声が聴こえなくもないが一旦置いといて。

    Twitterからは、フォローしている人の呟きから世の中で話題になっていること、はたまた世界情勢から国内政治まであらゆる情報(真偽はともかく)が目に入ります。

    もちろん有益な話や知っといてよかったなぁなんてマメ知識を得られることも多々あるんだけど、それ以上に人間の本能というか作為というか悪意というか善意という刃物というか、そういうものが溢れているのね。

    で、いつの間にかそれらを当たり前に思考に入れている自分に気付いたり、違和感を持ち続けたりしながらも文章や情報を読んでしまったり、対立しているところの進捗や結果を見てしまったりと、何だか野次馬精神みたいな感覚に陥っているなぁと思うことがあって。

    基本的に関わらない人間のことはほっとけよと考えているんだけど、Twitterを見ていると何だかそれがうまくいかなくなってる気がするのよ。
     
    演劇絡みのツイートが必然的に多くタイムラインに流れてくるのだけれど、そういったものに対してもあんまり楽しいフラットな気持ちで見ていることが少なくなったなぁと。

    じゃあどんな時に性格悪いなぁと思うか。

    例えば。

    例えばよ?

    よく殺陣やアクションをやっている様を動画で挙げたりそういった類のYouTube動画への誘導があるんだけど、とあるツイートで

    「※速度は弄っていません」

    なる注意書き?が添えられていたとしよう。

    するとわたしは

    「よっぽど速いんだろうな」

    と思って見に行ってしまうのだ。

    で、大抵が

    「速くねーじゃねーか!」

    となっている。

    分かりますかね?

    ツイートした人がどういう感覚や気持ちで書いたかはともかく、文字面と言葉を自分なりに解釈して捉える癖みたいなもんが、もはや性格悪いんじゃねーかという高みに昇華している疑惑。

    先のツイートも

    「俺たちこんなに速く動けるんで見てください!」

    だったら別にいいのよ。

    自分の尺度でモノ言ってますって解るように言う人は全然いいんだ。

    でも「速度は弄ってません」となると何だか気持ち悪く映るのよね。

    ネタとして芸としてそういう書き方する人は気にならないんだけどなぁ。

    あとはよく動画とかでも言ってることで、綺麗事でまとめたい時に都合よく演劇界を一括りに使う奴が苦手なのだが、まあTwitterにはそんな感じの文言が飛び交っている、ような気がする。

    自分が気になるから目立つだけという説もあるが。

    「演劇を無くしたくないからわたしたちを応援してくれ」

    これはなかなかパンチがある言葉なのよ。

    平田オリザさんとか野田秀樹さんあたりが言うならまあ違和感ないかも。

    要はやりたいことをやりたいようにやってそれをお客さんに観てもらって自分たちもお客さんにも何かプラスになったらいいよね!
    でもコロナやら何やらでそれをやるには厳しいから

    「自分を、自分達のやりたいことを無くしたくないから応援してくれ」

    だったら全然気にならないんだけどなぁ。

    小劇場を盛り上げたいとか演劇を広く知ってほしいとか本気で考えて動いてる人も知っているけども、どこか演劇そのものを自身にも他者にも人質のように扱って発信する人間もいるわけで。

    じゃあお前は演劇のために何かやってんのかよって聞かれることもたまーにある(主にネット)が、

    何もやってねーよ。

    演劇のためとか演劇界全体のためとか考えたこともねーわ。

    いや、あるな。

    思考としてはね。

    自分のやりたいことやら仕事やら創るモノやらを「演劇のために」なんて考えてやったことはないって話。

    また横道に逸れていくからまとめよう。

    まあ要するにこういう感じでなーんか引っ掛かるなーってのがTwitterには沢山存在していて、それを考えたり感じたりするのが疲れたってことかな。

    思考するのは好きだけど、ともすればただの批判や自己中心的な考えに縛られていく可能性も無きにしもあらずと思うのでね。

    総じて「ほっときゃいいじゃん」というのが基本線の俺が「ほっておかずに思考してしまう」というのが「性格が悪い」のではないかと思ってしまって結果疲れるみたいな。

    うん。そんな感じ。

    で、

    ならTwitterやめればいいんじゃね?

    というありきたりな答えに行き着いたものの、今までリプライやらリツイートやらいいねやらお世話になった人達にせめて一言と思い、冒頭のツイートに至るというわけ。

    ね?

    大した理由じゃないでしょ?


    更にいうと別にアカウントを消すこともありません。

    あくまで積極的に見なくなるだけです。

    なので、このブログだとかYouTubeだとかあやいち道場のこととか普通に発信ツールとしては使っていきますし、たまにはフォロワーさんと絡んだりもするかもしれない。

    そんな程度のお話。

    長々と読んで頂いたそこの貴方。

    お付き合い頂いてありがとうございました。

    これからもどうぞ宜しく。

    応援してね!




    先日知り合いから質問があったのでそれについてちょこっとツイートした。


    これに対してちょこっと意見?私見が寄せられたので、これはいい機会だと考えてみた。

    内容としてはザックリ書くと

    ①みんなやってるけど特に問題になっていない

    ②柔軟な思考でやらないと表現が萎縮してつまらないものになる

    ③めんどくさい人ですね

    まとめるとこんな感じ。

    実際はもっと簡潔というか薄汚いというか、、、

    言葉選びって大事だなぁと。


    それは置いといて、まあ言っていることは何となく理解はできるし、実際こういう感覚の人も多いんじゃないかな。

    で、まず最初に確認しておきたいのが、自分の言っている内容は

    発信・配信する人

    であった上で更に

    演劇、表現をやる側の人

    からの質問に対しての見解だということ。

    巷に溢れるツイキャスなどのライブ配信アプリで配信している人全般に対してではなく、同業と括れる表現を生業にしている人に向けてというお話。

    もちろん権利や著作権全般が非常に解りづらいのは自分もずっと実感しているし、それおかしくね?と感じることもある。

    しかしそれを無視して著作権物を使って

    これは自分の表現だ!

    とやるのはしんどいと個人的に思う。

    極論で語れない問題だから難しいんだけどね。

    自分も旗揚げ公演の時はカツカツの予算の中、公演終了後に申請が必要だと知って慌ててJASRACさんに連絡したら淡々と事務処理され、金額を聞いて

    「マジかよ、、、」

    と呟いた記憶がある。

    もうちょっと払っても納得できるような仕組みや応対をして欲しいなぁとは今でも思う。

    感覚的には税金みたいなもんなのかな。


    さてまたもや関係ない話になりそうなので話を戻そう。

    とりあえず寄せられた意見に対する回答みたいなものを簡単に。


    ①みんなやってるけど特に問題になっていない

    ⇒問題になっていないのではなく、単に追いきれていないだけかと思います。
    高確率のたまたま みたいな。

    なので別に見つからなきゃいい、問題にならなきゃいいというのであればそれで良いのではと考えます。


    ②柔軟な思考でやらないと表現がつまらないものになる

    ⇒柔軟な思考が自身にとって都合のいい思考に刷り変わってないかがまず一つ。

    もう一つは表現が面白いかつまらないかはそんなもんでは決まらないのと、制約の中でどう創るかも柔軟な思考だと考えています。


    ③めんどくさい人ですね

    ⇒そうなのよ。でも安心してください。自分が興味あるか好きな人以外にはこっちから関わらないので大丈夫。
    一緒にモノ作りたいとも思わないしね。
    お互いほっておきましょう。


    こんな感じかな。


    あ。

    あとは包括契約の罠話。

    包括契約してるから何でもOKではないよというのが肝。

    例えば楽曲は使っていいけど演奏はダメとかもある。

    配信サイトさんがJASRACと包括契約していても、JOYSOUNDと契約してなかったらJOYSOUNDが作成・権利を持っているカラオケ音源は別途許可がいるよーみたいな。

    そういう面倒なことを考えると知り合いには
    カラオケボックス配信は止めなさいとなるのよ。

    もしくはヘッドフォンして配信にのせるのはアカペラとかね。


    それもまた自由な表現の思考か。

    自分が元々カラオケ行かない人だからそう思うのか、、、

    今日は寒いね。

    温かい気持ちで皆さん過ごしましょうね。

    ではではまた。












    友達宅のPCキーボードが壊れたとの話を聞き、そういえば我が家のキーボードくんも結構お年を召しているなと思い新しく購入。

    Amazonで物色するもやはり通販では手触りや使い心地はわからないもの。

    こういう時はやはり家電量販店に行って実物を触ろう!

    とはならず、適当なやつをポチ。

    ブラインドタッチも出来ない弱者ユヅキにはとりあえず入力だけ出来るキーボードで充分なのだ。

    今回はUSBドングルではなくBluetooth。

    USBポートが埋まらないのはありがたい。

    そして小型ながらタッチパッドが付いているタイプ。

    _SS142_
    こんなん。

    マウスまで手を伸ばすのが億劫な時は割りと嬉しいタッチパッドくん。

    これまでのフルキーボードよりも小さめなので机上もスッキリ。

    あとは使ってみてどうか。

    創作意欲が加速される使い勝手だと嬉しいな。

    そして友達宅のテスト用キーボードは余ってしまった一番嵩張るやつを持っていこう。

    ククク。

    ではではまた。


    このページのトップヘ