本番が終わってすぐに本番やら何やら。

    ゆっくり振り返ることも出来ないぞ。

    どうもユヅキです。


    そんなわけで久しぶりの出演舞台が終わりました。

    無事に、、、とは付けられない程度には色々とありましたよ。

    ええ。色々と。。。

    一つずつ振り返っていきたいところですが、そこまで時間も取れない現状、取り急ぎ書けるだけ書きたいと思います。


    まずは観に来て頂きましたお客様、本当にありがとうございました。

    この御時世ですのでお客様にも事情や思うところなど多々あったと察しますが、それでも沢山の方に来て頂けたようで感謝しかありません。

    また自身の無茶な勧誘に乗っかり観に来てくれた友人や知り合い、そしてわたしを応援して観に来てくれた方々にも重ねてお礼を言います。

    ホントにありがとう。


    と、キレイな感じで綴っていくのが定番なんですが、それもどうなんだということでここからは今回の公演にあたって起きた出来事や個人的感想をザックリ書こうと思う。



    ・頭が取れたのよ

    観てくれた方はわかるんだけど、今回はユヅキそのまんまで出演していました。
    つまりウィッグにメガネにマスクとフル装備ユヅキ。

    ユヅキ


    役者は顔を見せてナンボという風潮からするとけしからんのだけど、久賀さんの広い心によりOK。

    役柄的に筋は通るキャラだったので良かったけど、違うキャラだったらおそらくダメだったなぁ。

    で。

    初日の昼公演中に

    頭 が 取 れ ま し た 。

    ええ。

    もう見事にスポーン!と。

    アクションシーンメインで出てくるユヅキ。

    当然激しく動くこともあるわけで。

    クルッと一回転するとこがあるんだけど、足を踏み切った瞬間

    「あ。取れる。」

    と直感した通りに思いっきり取れました。

    だめですよ。

    これは笑い話でもなんでもなく、タダのダメな話。

    なぜ書いたかというと、これに今の自分の演者としての意識や技量すべてが象徴されていると思うからです。

    本来ならあってはならないこと。

    それを起こさないためにあらゆることを想定しておくのが当たり前の中、それを怠ったこと。

    音響や脚本の時なら当たり前にやっておく保険みたいなものをやっていなかった。

    何回飛んでも取れないから大丈夫。

    ではなく

    万が一取れたらどうするか?

    を思考しておくのが仕事のうち。

    それを想像せずに準備しなかったところに自身の演者としての意識や覚悟の薄さが見て取れる。

    これは堪えたなぁ。

    お客様、そして共演者、関係者の方に申し訳ないです。



    ・殺陣要員としてヤバいぞ

    今回は「アクション出来ますよね?」から始まったオファー出演。

    もちろん「出来ます!」とは言えず、やってはいました程度のお返事をしていたんだけど、それでも請けたからにはちゃんとやらなきゃいけないわけで。

    アルカディアさんというプロのアクションチームの方々がいる中で果たして大丈夫かと思いつつの参加。

    端から見てどうとかは置いといて、自分的には

    「こんなに動けないもんか」

    というのが素直な実感。

    元々動けてるわけではないけども、それでも自身の感覚として感じるものが全然違う。

    殺気だ殺意だ感情だと言う前に殺陣として成立しない程度の動き。

    これもまた堪えたなぁ。

    本番を観た殺陣師あやいちには散々な言われようでした。

    うるせー!

    わかってんだよ!


    ・着替えが大変

    今回は作中に二回着替えがあるんだけど、別に焦るほどの物量でもない。

    ダンスに出ている女の子たちに比べたら正に屁でもない程度。

    にもかかわらず焦る焦る!

    この曲が始まるまでには!

    この台詞が終わるまでには!

    靴下どこいった!

    頭着けなきゃ!

    もうインナーなくてよくね!

    みたいなワチャワチャ具合。

    これもまあ準備不足なのよね。



    ・シングルキャストをなめていた

    今回は出演者総勢30名弱のダブルキャスト制。

    根拠もなく自分もダブルだろうと考えていて、

    「1日1ステージならまあ鈍った身体でもイケルだろ」

    なんて余裕をかましていたら普通にシングルでした

    とはいえ全力全開テンションマックス2時間ぶっ通しのPaddock(自分のユニット)芝居を考えればまあまあ、、、



    し ん ど か っ た 。



    限界まではいかなくともマジでなかなかキツかった。

    殺陣の手数も出番自体も大してないのにえらい疲れよう。

    友達は一様に

    「歳をなめるなよ?」

    と言うのだがその通りなのか?

    年齢のせいなのか?

    怠慢のせいではないのか?

    どちらもでしょうね。

    日々の積み重ねが大事だと痛感するわ。



    とまあ、挙げればきりがない程には反省点の多かった今回。

    とある奴に尋かれた質問。

    「で、お前はやって良かったのか?」

    うん。やって良かったよ。

    ここ何年か色々とあって何ともいえないグズグズの内面を抱えて生きていた。

    いや、生きているとも胸を張れないそんな日々。

    今回久しぶりに演者として板の上に立ったからといって何かが劇的に変わるわけでもないし、一回舞台に出演した、それだけの話。

    でも個人的にはほんの少しだけ。

    ほんの少しだけ前を向ける、そんなきっかけを感じることができた。


    これを糧になんてありきたりの言葉は出て来ないけども。

    それでもまだ生きていける、生きていこうと思える感覚にはなったかな。

    あとはそうね。

    楽しかったよ。

    自分で作品を作る時とは違う感じ。

    うん。

    なんか楽しかったな。

    役者の自己満足なんてよく聞く言葉。

    それもまた。

    今の自分には必要だったんだなと。

    そう思うよ。


    振り返りだから楽しくキレイに飾った文章にしたかったけどダメだったわ。

    読んでくれたそこの貴方、どうもありがとう。


    そして


    ・今回の機会を与えて下さった久賀さん

    ・いつも元気に見えてたまに目は笑ってない千晶さん

    ・チャンスを生かしてくれなかった寿枝

    ・相変わらず美人だけど面白い宿輪さん

    ・イケメン長身、さわやかっぽい筒井さん

    ・うるさいけどやることはきっちり実は真面目タイプの阿部さん

    ・結構モテそうな岩本さん

    ・どうもわたしが苦手なような比嘉さん

    ・ちっちゃいが存在感は大きめな夏芽ちゃん

    ・迫力満点な動きと軽快なおしゃべりの長田さん

    ・テンションの瞬発力が独特な竹内さん

    ・オトナな貫禄と落ち着きの健太さん

    ・優し気な雰囲気の三上さん

    ・怪しげな色気をまとうイチローさん

    ・不思議な目つきと雰囲気のアッキーさん

    ・カーテンコールの飛び出すタイミングでいつも追い込みをかけてくる庄司さん

    ・いつも女子のダンスを袖で妖艶に踊る加藤さん

    ・気合のモヒカン コウタさん

    ・何だかんだちゃんと喋ったのがお初なホッカイロ 絵里香さん

    ・メンヘラ全開・孤高の気配 野田さん

    ・受けのアクションが秀逸・お芝居も魅力たっぷり 藤田さん

    ・ダンスの時の「わたしを見ろ」ビームがすげー朝比奈さん

    ・常に眠い小根澤さん

    ・何だか儚い三木さん

    ・わたしの頭を支えてくれた心優しきジュノさん

    ・人見知り気配漂うも一枚剥がせば強そうな三村さん

    ・目を合わせて喋ってくれないほのかさん

    ・結局はいい明かりを作ってるマサ

    ・BGMのフェードインがとても気持ちのいい牛居さん

    ・相変わらずの穏やか職人・木川さん

    ・人の不幸を楽しみやがる夏姫さん


    皆さん、ありがとうございました。

    この公演がわたし自身の「Little steps」になるように精進します。

    ではでは。

    FNNSaMVaUAATRfq
    FNLIEUAaUAAL5Ud


    IMG_20220221_180337
    IMG_20220221_180614
    IMG_20220228_191728
    IMG_20220301_181241
    IMG_20220301_181500
    IMG_20220301_181516
    IMG_20220301_181741
    IMG_20220301_182023
    IMG_20220301_182036
    IMG_20220301_184115
    IMG_20220301_184125
    IMG_20220301_184141
    IMG_20220301_184152
    IMG_20220301_184208
    IMG_20220301_184217
    IMG_20220301_184228













    20220206_223407


    ABOUT



    昨年 劇団創立20周年を迎えた劇団軌跡が贈る季節外れのクリスマス・ファンタジー。

    毎年3月に開催する企画公演「Little steps」も遂に21回目。

    ダンスにアクションと華やかな演目に加え、フレッシュな若手のエネルギーと主宰・久賀健治さんを始めとするベテラン勢の融合が織りなす劇団21周年をスタートするに相応しい作品となる新たな「Little steps XXI」。

    今回は劇団お馴染みのアクションチーム・ARCADIAの3名が参戦し、いつにも増して激しいアクションをお披露目。


    一部・二部共に劇団オリジナルでお届けする今回の作品。


    現代社会の苦悩・憂鬱な事件・そして2022年も続く先の見えない不安・・・

    せめて物語の世界ではみんな幸せに在って欲しい。

    そんな思いが込められた「Little steps XXI」。

    是非劇場でご覧ください。


    ーーーーー「どんな状況でもベストを尽くす。それがプロってもんだ。」



    SCHEDULE & TICKET

    タイムいテーブル


    ・チケットのお申込みは 画像をクリック or こちらをクリックしてください。

    ※お問い合わせ内容欄にて「劇団軌跡公演チケット希望」を選択して頂き、内容欄に「ご希望される日時」をご記入ください。

    ※感染症対策の為、座席数を減らしての公演となります。
     お早目のご予約と共にキャンセルの際もメールフォームよりご連絡頂けますようよろしくお願い申し上げます。



    公演情報


    【タイトル】

    劇団軌跡プロデュースvol.21
    『Little steps XXI』

    第一部「VERRY MERRY Xmas」(飛翔編)

    第二部「ETERNITY」



    【場所・日程】


    下落合・TACCS1179( 西武新宿線 下落合駅 徒歩2分 )

    2022年3月4日(金)~ 3月6日(日)全6ステージ





    【脚本・構成・演出】


    久賀健治(劇団軌跡主宰・賢プロダクション)



    【出演】

    20220206_223400
    ※チラシをクリックすると拡大表示されます。


    第一部「VERRY MERRY Xmas」(飛翔編)


    【シングルキャスト】


    藤田秀和 (ARCADIA)

    長田 渉 (ARCADIA)
    筒井 拓 (ARCADIA)
    阿部晋一
    ユヅキ
    角谷夏芽


    【Aキャスト】

    久賀健治 (賢プロ)
    福嶌寿枝 (リベルタ)
     
    田谷絵里香 (OKD)
    加藤 僚 (OKD)
    岩本友樹
    三上裕也
    竹内厚樹
    アッキー (劇団凛瞳)
    三村恵末
    朝比奈茅里
    三木楓風


    【Bキャスト】

    宿輪優花 (劇団軌跡)
    田中千晶

    野田あゆ美 (合同会社MYSTAR)
    野村優喬
    比嘉颯大
    山下健太
    五十嵐イチロー
    庄司圭汰
    加原コウタ (宝井プロジェクト)
    小根澤夏美
    ジュノ


    第二部「ETERNITY」

    久賀健治 (賢プロ)
    藤田秀和 (ARCADIA)
    長田 渉 (ARCADIA)
    筒井 拓 (ARCADIA)
    阿部晋一
    ユヅキ
    庄司圭汰
    加藤 僚 (OKD)
    加原コウタ (宝井プロジェクト)
    五十嵐イチロー

    宿輪優花 (劇団軌跡)
    田中千晶
    福嶌寿枝 (リベルタ)
    角谷夏芽
    田谷絵里香 (OKD)
    桑原ほの花 (OKD)
    ジュノ
    朝比奈茅里
    三木楓風


    【劇団公式ツイッター】

    https://twitter.com/gekidankiseki



    【感染症対策のお知らせとお願い】

    劇団公式ページリンク 





    ユヅキからのメッセージ

    今回は久しぶり?の客演となります。

    記憶を遡っても自身の作品以外に演者として参加したことをもう思い出せないくらいなので、今回の出演はある意味チャレンジ。

    自分にとっても劇団さんにとってもですね(笑)


    一演者、そして客演という立場になって初めて知ることや思うことがいっぱいあります。

    その一つ一つをちゃんと噛みしめながら、どうやったらより良い作品をお客様にお見せできるのか試行錯誤しながら稽古する日々。

    感染症という目に見えないモノへの対策・配慮に悩むこともあります。

    ともすれば、全部をそれのせいにも出来てしまう今のご時世と流れの中、それでも公演を開催してお客様に観に来てもらうことの意味と責任と想い。

    それらすべての清濁併せ飲んでこうして宣伝しています。

    綺麗ごとは大好きだけども、今回に関してはそれらしいことは言いません。

    ただただやれることをやって、その結果あなたに観てもらえることが叶ったらそんな嬉しいことはない。

    そんな気持ちです。


    やれることを全部やって劇場で待つ。


    なんだ。

    やることは今までと変わらないんじゃないか。

    やるもやらないも決めるのは己自身。

    変わってしまう世界でも、変わらない思いでやることもある。

    そんなわたしが劇場でお待ちします。

    どうぞよろしくお願い致します。



    関連動画【ユヅキ小劇場】














    チケットを売るということを久しくやってこなかったので、どんな体でどんな風に声をかけて良いかわからない。

    どうもユヅキです。

    まさに小劇場演劇を始めたばかりのヒヨコのような状態ですよ。

    そもそも自分の作品以外に出るなんてことが珍しいんだから、そりゃ困るぜ。

    ただ色々と今まで不思議だったことがちょっとだけ解ってきたりしている。

    例えば本番が近くならないと予約が入らない人。

    普通に早め早めに予約入れてもらった方がいいじゃん?なんて考えていたが、ちょいと待てよ?

    稽古も始まって間もない、どんな芝居になるかも見えていない、自分もどんな感じになるかわからないetc、、、

    これでチケット売るのか。。。

    そりゃ尻込みもするわな。

    もちろん団体さんの固定ファンが多くて作品のクオリティ云々も何となくわかるならいきなり宣伝バンバン打てもするけども。

    如何せん私が久しぶり過ぎて何とも言えぬ部分が多い。

    そして小劇場演劇あるある

    「芝居の告知の時だけ連絡してくるやーつ」

    問題。

    、、、、、、、、


    下手な告知したら俺もそういう感じになるんじゃね?

    いや、なるね!

    いや、困るね!

    個人の役者さんって大変だな!

    とはいえ、こんな機会今後もあるかわからないので、できうる限り色々な人に連絡してみる所存。

    とはいえ、芝居関係やってない知り合いなんて数える程しかいないのよなぁ。

    芝居なんか普段関わらない人に観て欲しいってのもあるし、難しいところよね。

    久しぶりに俺がしっちゃかめっちゃかしてるとこを見たい人もいるらしいので、とにもかくにも声はかけます。

    もはや動画の企画にしてしまおうかと思う。

    そんなこんなで、無事に本番の幕が上がることを祈りつつ稽古していきます。

    タイトルは何とも宣伝できなくて口をついて出た誘い文句。

    一人これで買ってくれました。

    怖い。

    ではではまた。


    https://youtu.be/oLobVvOJwJw

    20220206_223407

    20220206_223400



    このページのトップヘ