ユヅキ小劇場

カテゴリ: ブログ・日記

本番が終わってすぐに本番やら何やら。

ゆっくり振り返ることも出来ないぞ。

どうもユヅキです。


そんなわけで久しぶりの出演舞台が終わりました。

無事に、、、とは付けられない程度には色々とありましたよ。

ええ。色々と。。。

一つずつ振り返っていきたいところですが、そこまで時間も取れない現状、取り急ぎ書けるだけ書きたいと思います。


まずは観に来て頂きましたお客様、本当にありがとうございました。

この御時世ですのでお客様にも事情や思うところなど多々あったと察しますが、それでも沢山の方に来て頂けたようで感謝しかありません。

また自身の無茶な勧誘に乗っかり観に来てくれた友人や知り合い、そしてわたしを応援して観に来てくれた方々にも重ねてお礼を言います。

ホントにありがとう。


と、キレイな感じで綴っていくのが定番なんですが、それもどうなんだということでここからは今回の公演にあたって起きた出来事や個人的感想をザックリ書こうと思う。



・頭が取れたのよ

観てくれた方はわかるんだけど、今回はユヅキそのまんまで出演していました。
つまりウィッグにメガネにマスクとフル装備ユヅキ。

ユヅキ


役者は顔を見せてナンボという風潮からするとけしからんのだけど、久賀さんの広い心によりOK。

役柄的に筋は通るキャラだったので良かったけど、違うキャラだったらおそらくダメだったなぁ。

で。

初日の昼公演中に

頭 が 取 れ ま し た 。

ええ。

もう見事にスポーン!と。

アクションシーンメインで出てくるユヅキ。

当然激しく動くこともあるわけで。

クルッと一回転するとこがあるんだけど、足を踏み切った瞬間

「あ。取れる。」

と直感した通りに思いっきり取れました。

だめですよ。

これは笑い話でもなんでもなく、タダのダメな話。

なぜ書いたかというと、これに今の自分の演者としての意識や技量すべてが象徴されていると思うからです。

本来ならあってはならないこと。

それを起こさないためにあらゆることを想定しておくのが当たり前の中、それを怠ったこと。

音響や脚本の時なら当たり前にやっておく保険みたいなものをやっていなかった。

何回飛んでも取れないから大丈夫。

ではなく

万が一取れたらどうするか?

を思考しておくのが仕事のうち。

それを想像せずに準備しなかったところに自身の演者としての意識や覚悟の薄さが見て取れる。

これは堪えたなぁ。

お客様、そして共演者、関係者の方に申し訳ないです。



・殺陣要員としてヤバいぞ

今回は「アクション出来ますよね?」から始まったオファー出演。

もちろん「出来ます!」とは言えず、やってはいました程度のお返事をしていたんだけど、それでも請けたからにはちゃんとやらなきゃいけないわけで。

アルカディアさんというプロのアクションチームの方々がいる中で果たして大丈夫かと思いつつの参加。

端から見てどうとかは置いといて、自分的には

「こんなに動けないもんか」

というのが素直な実感。

元々動けてるわけではないけども、それでも自身の感覚として感じるものが全然違う。

殺気だ殺意だ感情だと言う前に殺陣として成立しない程度の動き。

これもまた堪えたなぁ。

本番を観た殺陣師あやいちには散々な言われようでした。

うるせー!

わかってんだよ!


・着替えが大変

今回は作中に二回着替えがあるんだけど、別に焦るほどの物量でもない。

ダンスに出ている女の子たちに比べたら正に屁でもない程度。

にもかかわらず焦る焦る!

この曲が始まるまでには!

この台詞が終わるまでには!

靴下どこいった!

頭着けなきゃ!

もうインナーなくてよくね!

みたいなワチャワチャ具合。

これもまあ準備不足なのよね。



・シングルキャストをなめていた

今回は出演者総勢30名弱のダブルキャスト制。

根拠もなく自分もダブルだろうと考えていて、

「1日1ステージならまあ鈍った身体でもイケルだろ」

なんて余裕をかましていたら普通にシングルでした

とはいえ全力全開テンションマックス2時間ぶっ通しのPaddock(自分のユニット)芝居を考えればまあまあ、、、



し ん ど か っ た 。



限界まではいかなくともマジでなかなかキツかった。

殺陣の手数も出番自体も大してないのにえらい疲れよう。

友達は一様に

「歳をなめるなよ?」

と言うのだがその通りなのか?

年齢のせいなのか?

怠慢のせいではないのか?

どちらもでしょうね。

日々の積み重ねが大事だと痛感するわ。



とまあ、挙げればきりがない程には反省点の多かった今回。

とある奴に尋かれた質問。

「で、お前はやって良かったのか?」

うん。やって良かったよ。

ここ何年か色々とあって何ともいえないグズグズの内面を抱えて生きていた。

いや、生きているとも胸を張れないそんな日々。

今回久しぶりに演者として板の上に立ったからといって何かが劇的に変わるわけでもないし、一回舞台に出演した、それだけの話。

でも個人的にはほんの少しだけ。

ほんの少しだけ前を向ける、そんなきっかけを感じることができた。


これを糧になんてありきたりの言葉は出て来ないけども。

それでもまだ生きていける、生きていこうと思える感覚にはなったかな。

あとはそうね。

楽しかったよ。

自分で作品を作る時とは違う感じ。

うん。

なんか楽しかったな。

役者の自己満足なんてよく聞く言葉。

それもまた。

今の自分には必要だったんだなと。

そう思うよ。


振り返りだから楽しくキレイに飾った文章にしたかったけどダメだったわ。

読んでくれたそこの貴方、どうもありがとう。


そして


・今回の機会を与えて下さった久賀さん

・いつも元気に見えてたまに目は笑ってない千晶さん

・チャンスを生かしてくれなかった寿枝

・相変わらず美人だけど面白い宿輪さん

・イケメン長身、さわやかっぽい筒井さん

・うるさいけどやることはきっちり実は真面目タイプの阿部さん

・結構モテそうな岩本さん

・どうもわたしが苦手なような比嘉さん

・ちっちゃいが存在感は大きめな夏芽ちゃん

・迫力満点な動きと軽快なおしゃべりの長田さん

・テンションの瞬発力が独特な竹内さん

・オトナな貫禄と落ち着きの健太さん

・優し気な雰囲気の三上さん

・怪しげな色気をまとうイチローさん

・不思議な目つきと雰囲気のアッキーさん

・カーテンコールの飛び出すタイミングでいつも追い込みをかけてくる庄司さん

・いつも女子のダンスを袖で妖艶に踊る加藤さん

・気合のモヒカン コウタさん

・何だかんだちゃんと喋ったのがお初なホッカイロ 絵里香さん

・メンヘラ全開・孤高の気配 野田さん

・受けのアクションが秀逸・お芝居も魅力たっぷり 藤田さん

・ダンスの時の「わたしを見ろ」ビームがすげー朝比奈さん

・常に眠い小根澤さん

・何だか儚い三木さん

・わたしの頭を支えてくれた心優しきジュノさん

・人見知り気配漂うも一枚剥がせば強そうな三村さん

・目を合わせて喋ってくれないほのかさん

・結局はいい明かりを作ってるマサ

・BGMのフェードインがとても気持ちのいい牛居さん

・相変わらずの穏やか職人・木川さん

・人の不幸を楽しみやがる夏姫さん


皆さん、ありがとうございました。

この公演がわたし自身の「Little steps」になるように精進します。

ではでは。

FNNSaMVaUAATRfq
FNLIEUAaUAAL5Ud


IMG_20220221_180337
IMG_20220221_180614
IMG_20220228_191728
IMG_20220301_181241
IMG_20220301_181500
IMG_20220301_181516
IMG_20220301_181741
IMG_20220301_182023
IMG_20220301_182036
IMG_20220301_184115
IMG_20220301_184125
IMG_20220301_184141
IMG_20220301_184152
IMG_20220301_184208
IMG_20220301_184217
IMG_20220301_184228











チケットを売るということを久しくやってこなかったので、どんな体でどんな風に声をかけて良いかわからない。

どうもユヅキです。

まさに小劇場演劇を始めたばかりのヒヨコのような状態ですよ。

そもそも自分の作品以外に出るなんてことが珍しいんだから、そりゃ困るぜ。

ただ色々と今まで不思議だったことがちょっとだけ解ってきたりしている。

例えば本番が近くならないと予約が入らない人。

普通に早め早めに予約入れてもらった方がいいじゃん?なんて考えていたが、ちょいと待てよ?

稽古も始まって間もない、どんな芝居になるかも見えていない、自分もどんな感じになるかわからないetc、、、

これでチケット売るのか。。。

そりゃ尻込みもするわな。

もちろん団体さんの固定ファンが多くて作品のクオリティ云々も何となくわかるならいきなり宣伝バンバン打てもするけども。

如何せん私が久しぶり過ぎて何とも言えぬ部分が多い。

そして小劇場演劇あるある

「芝居の告知の時だけ連絡してくるやーつ」

問題。

、、、、、、、、


下手な告知したら俺もそういう感じになるんじゃね?

いや、なるね!

いや、困るね!

個人の役者さんって大変だな!

とはいえ、こんな機会今後もあるかわからないので、できうる限り色々な人に連絡してみる所存。

とはいえ、芝居関係やってない知り合いなんて数える程しかいないのよなぁ。

芝居なんか普段関わらない人に観て欲しいってのもあるし、難しいところよね。

久しぶりに俺がしっちゃかめっちゃかしてるとこを見たい人もいるらしいので、とにもかくにも声はかけます。

もはや動画の企画にしてしまおうかと思う。

そんなこんなで、無事に本番の幕が上がることを祈りつつ稽古していきます。

タイトルは何とも宣伝できなくて口をついて出た誘い文句。

一人これで買ってくれました。

怖い。

ではではまた。


https://youtu.be/oLobVvOJwJw

20220206_223407

20220206_223400

稽古場へ向かう途中の電車。

どうもユヅキです。

ご時世の流れもあり、昔のようにゴリゴリに数打つ稽古はできないので、やれる時にやれることを優先順位ちゃんと決めてやらないとダメ。

そんな稽古。

絡む人の稽古NGなどもあり、なかなか細かいことを詰めていける状態でもなさそう。

久しぶりに一演者として参加すると色々と思い出したり思い知ったりすることがものすごくたくさん出てくるもので。

命と魂削ってなんぼじゃい!

みたいな作品と芝居しかやってこなかったツケが廻ってきている。

ツケも何も、演者として一肌上げようという心積もりもなかったわけだから、ただの当たり前の話なんだけども。

なーんかフワフワしているのよ。

Paddockの時は自分がやりたい世界生きたい世界が明確にあって、それを体現するためにただひたすら全力でやるだけってスタイルだからある意味考えることがまとまっていた。

今は自分の役割、立ち位置、周りとのバランス、やりたいこと、求められていること、世の中の情勢などなど、、、

芝居作り以外に考えることが多々ありすぎる。

そういう諸々含めて芝居なんだ演劇なんだ!

てのも解るっちゃあ解るんだけど。


詰めたいところを詰めようにも相手がいなかったり

自分と絡む以外にもやることたくさんあるから気軽に相手に頼めなかったり

他にも自分がどうにかするだけでは如何んともし難いことがすげえ多い。

芝居は一人では出来ないってのは真実そうなのだ。

一人芝居だって一人では出来ない。

そんな当たり前に良く聞く話を今まさに実感中。

ダガシカシ。

本番というものは必ずやってくるもの。

中止にならなきゃね。

気づけば初日まで残り1ヶ月。

動きは入ってる。

段取りもまあ入ってる。

今すぐ本番をやれと言われても何とかかんとか最後までいけるだろう。

ただやるだけならば。

ここからどうやってブラッシュアップさせていくか。

全然見えてこないのよ。

あ。

自分の話ね。

他の演者さんのことをどうこう考えるほどに自分は何もできちゃいないので。

ただ、

何となく無事にやれたねー

何となくよかったねー

おつかれさまー

みたいになるのはイヤなのよなぁ。

別にそんな舞台いっぱいあるんだけど。

先日、総合格闘技団体「RIZIN」バンダム級決勝を終えた時に扇久保選手が相手の朝倉海選手に投げ掛けた言葉。

「俺たち、やれるだけのことやってきたよね?」

※細かい言葉は違うかも

芝居には正解がないし、明確な完成形も定義されない。

後悔もある、悔しさもある、もっともっとやれたと思うことだってある。

それでもPaddockの時は

やれるだけのことはやったぞ!

という想いになるくらいには通し稽古で出しきろうとしたし、本番でも倒れそうになるくらいには出しきってやっていた気がする。

実際に倒れてはいないので気がするにしておく。

おれは多分「出しきりたいんだ」と思う。

具体的な思いや技術的な話ではなく、ただ出しきりたい。

目一杯全力でテンション上げて芝居がしたい。

そんなん芝居じゃないよと言われたあの芝居。

結局あれがやりたいことなんだろうな。

じゃあ、やればいいじゃん?

そう簡単にはいかないからオトナは大変だなってお話さ。

やりたいことをホントにやりたいなら

「全部自分で創る」

しかないってこったな。



ならそれが出来ない今回は?

そこを今は絶賛思考中なのだ。

よーし。

とりあえず稽古行ってきます。

応援してね。

2022年3月頭にホントに舞台に出演することになりました。

どうもユヅキです。

・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・




マジか。


今更まあまあ動揺しています。

自分で作演する作品以外にイベント系以外で出演するのは、、、

おそらく18年ぶり?

もしかしたらもっと空いてるかも。

そもそも客演し他時に役者としての自分がダメだなーと理解した一番の要因が

「人から指図(演出)されたくない」

だったんです。

ダメに決まってんじゃんね。

元々セリフをしゃべる時に

「フフフ(笑)」

ってなっちゃうキライはあったので向いてはいないんだと思います。

声だけの時は何とか頑張れるんだけど、顔や全身観られながらだと恥ずかしくなっちゃうのよ。

もちろんいざ芝居本番となればちゃんとやるんだけども、稽古段階で内面に「フフフ(笑)」がある時点でよろしくないわな。

自分の作品はどうなんだって?

自分のやつだと生き死にメインのストーリーや殺陣にも生死をかける演出なので「フフフ(笑)」なんて感じてる隙はないのです。

それがいいか悪いかではなくそういうもんとしてやってきたので、いざ他所様の空間に行くと戸惑い半端ないっすよね。

とりあえず決まったもんはやるしかないので、鈍った身体を叩きつつ頑張りますので、是非とも応援の程宜しくお願い致します。

やるぞー!

はい出ない。

毎年恒例?になってきた

「冬になるとお湯だけ出ない」

問題。


基本的に朝シャン(通じない人もいるか)派ということで、朝起きたらすぐシャワーを出しに行き、お湯に変わるまでには服を脱ぎ捨て浴室へGOするのがルーティン。

※二度寝も防げてオススメですよ。


そんな人には厳しい冬の洗礼が

「給湯器から配管にかけてどっかで水が凍ってお湯が出ない」

というやつ。

初めて遭遇するとどうしていいかわかりませんよね。

自分もそうでした。

水は出るんです。

お湯だけ出ない。

真っ先に思い浮かんだのは「故障」の2文字。

修理のことやかかる期間などグルグルと頭を巡る中、とある人が一言。

「ほっときゃ直るよ?」

おいおい。。。

「とりあえず蛇口捻っておいてしばらく放置!」

そう言われ半信半疑でその通りにしていると、、、


出た!!!


少しするとしっかりお湯に変わり一安心でした。




寒い地域に住んでいる人からすると当然の知識だそうですが、冬場はあまりに気温が下がると

「給湯器の配管に貯まっている水が凍ってしまう」

らしい。

解決方法は

「凍った水を溶かすしかない」

とのこと。

先述の「ほっときゃ直るよ」は

「自然解凍するまで待とう」

という意味なんですな。

急いでいる時はお湯を沸かしてダイレクトに配管にぶっかけるなんてこともあるらしいですが、あまりに温度差が激しいと破裂やら何やらの危険性をはらむので、やるなら40度くらいまでの優しいお湯をかけた方が良いかと。

しかし原因が解ったとはいえ、朝イチ急いでいる時にお湯が出ないのは何回遭遇しても慣れませんね。

スケジュール的に朝イチ待ってられないような時は前日の内にシャワっておくか、もしくは

「極々少量の水を流しっぱなしにしておく」

のが効果的だとか。

要は凍らないように水の流れを動かしておくという感じ。

まあ精神衛生上はあんまり宜しくないけれども、朝お湯が出ないよりはいいかな。

あとは配管周りには本来保温材が巻かれているんだけども、古い我が家の配管はほぼむき出し状態。

これはこれでDIYで何とかしよう。

というわけで、

「冬場に水は出るけどお湯は出ない」

時の対処法は

「ひたすら待つかぬるま湯を給湯器配管にぶっかける」

でした。

水も出ないような時はもはや故障だと思われるので、下手に触らず業者さんを呼びましょう。

さあお湯を沸かすかな。。。

ではではまた。





自宅の作業用デスクトップPCを新しく組み直した時のお話。

動画編集やエンコードに限界を感じ、比較的新しめのCPUに変更しようと色々変えていったら結局ほぼ全取っ替えになったあるあるネタのあと。

無事にOSも入れ終えて、さあ諸々のソフトたちをぶちこむぞ!と勇んで作業してチェックしていたところ、、、

「あれ?音がLにしか送れない?」

使用しているオーディオインターフェースは音響仕事用ではなく通常作業用の古いやつ。

・サウンドブラスターLX
・UFO202

の2つ。

一つはPC用、もう一つはスマホへ送る用で使っている。

音質云々は置いといて、どちらも小さくて軽いバスパワー駆動のお手軽インターフェース。

おすすめはUFO202かな。

どちらも古いタイプなので基本的にメーカーサポートのドライバはWindows10には非対応なので、OS標準のサウンドドライバで動かしてきた。

人によってはASIO4ALLなんかをあてる場合もあるけども、個人的な使用方法に問題なければ汎用オーディオドライバで充分だと思う。

要は録音と再生だけできればいい的なことね。

ちなみにステレオミキサー機能で配信やりたい!という人にはオススメ出来ないです。

ムリ。


さて、無事に音も出るしめでたしめでたしといくはずが、先述の通り録音の際に音がLのみに送られている問題発生。

再生は問題なくステレオ再生できる。

環境としては

アナログミキサーに【マイク×1・他のPCからのライン×2】入力して、それをまとめて2チャンネル(LR)でインターフェースに送るだけの簡単仕様。

何も迷うところなどないお手軽配線なのに、何故かRだけ送れない。

ソフト側の設定なのか、オーディオインターフェースのドライバ問題なのか。

はい。

もう解る人は解りましたね。

何かトラブルがあった時は基本的に簡単且つ基本的なところから確認していくのが鉄則なんだけど今回わたくし、、、

先入観でソフトかオーディオインターフェースだろう

と最初からそこばっかり弄くってました!

結果から言うとソフトもインターフェースもなーんも関係なし!

ただのケーブル不良でした!

ではここでわたしが何をやったか箇条書きでお届けしましょう。


音がステレオで送れないぞ?



オーディオインターフェースのドライバを色々と変更してみる



録音ソフト、配信ソフトの設定を色々と変更してみる



Google先生にお伺いをたてて、それらしい内容のモノは全部試す



ミキサーを変更してみる(ここでケーブルを使い回さずに変更していれば、、、)



夜中だったのでイラついて怒りのOSクリーンインストール!



何も変わらず絶望



抜け殻のように「そうだ。こういう時は一から愚直に見ていくんだ、、、」と配線を一本ずつ確認し始める



あれ?ミキサーのアウトはどちらからも出力してるな?



Rのケーブル刺すと反応なし、、、これは、、、



ケーブル交換



普通に出ますけど?



・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・



お前かい。

こんだけ色々弄くって、OSまで入れ直してお前かい。

そうそうケーブルなんて壊れんぞ!

いやまあ、後から思えばいくらでも気付くチャンスあったけども。

そもそも最初に確認しろやという声も聞こえますけども。

夜中のテンションとはそんなもんです。

直った時の安堵と己への哀しみはなかなかのものでした。

というわけで、オーディオインターフェースで片方にしか信号がいかなくてお悩みのそこのアナタ。

まずは基本に立ち返ってケーブルからチェックしましょう!

基本大事。

時間の無駄、、、ではなかったかな。

改めて基本の大切さとケーブルを過信しないこと、予備の重要性など再認識できたからね。

さあ次は映像の出ないディスプレイポート問題だ、、、

頑張ろう。


読んで頂いてありがとうございました。

ではではまた。

久しぶりに自主的な観劇。

石山さんの創る世界にはもともと興味もあったので割りと楽しみにしていた。

結果として観に行って良かったなという感じ。

音響さんの細かさも参考になったし、土方さんにも会えたし、芝居そのものも楽しく観れた。

懸念していた咳も万全ゴリゴリ対策した甲斐あって一度も出さず。

いえい。頑張った俺。

公演中につき、ネタバレは出来ないのでふんわりした感想ラジオは以下より。

#Radiotalk #KYラジオ ~It's My Life @yuduki_sns https://radiotalk.jp/talk/702967

https://radiotalk.jp/talk/702967

観劇すると普段仕事していて見落としていることにも気付けるよね。

制作さんが如何に大事な要素かとか、団体さんがお客さんをどう捉えているかとかも解るもんで。

どんなに面白い作品でもお尻は痛くなるなぁとか

2時間超えるとやっぱりしんどいとか

そこを踏まえた演出のメリハリなのかなぁとか

お客さん同士の思いやりも必要不可欠だなぁとか

場内整理の方がものすごく蚊のなくようなか細い声だと逆に心配になるとか

最終的には面白かったら何でもいいかと思ったりとか

つまり面白くなかったらやべぇじゃんとか

詰まるところ

お客さんありがとうの気持ちは大前提で必須なんだなぁと再確認したって話です。

興味ある方は観に行っても良い作品だと思います。

演劇関係者はオープニングシーンでまあまあ思うところあると思います。

ではではまた。

初めて音響オペレート(舞台本番で実際にミキサーや再生機を操作して音を出す)をやった時を思い出している。

場所は今は無き「池袋小劇場」。

客席100弱、桟敷席のみのレトロな小屋だった記憶。

機材は借り物の再生用MDデッキとサンプラーSP-303、小屋のミキサーとスピーカーbose101×2。

間口だけ広くて天井は低かったような気がする。

そして隣は風俗店が多数入っているビル。

何というか、、、退廃的な感じだった。

初めての音響オペは本気でプルプル震えていた。

怖かったのだ。

ボタンを押したらもう取り返しがつかない音という武器が怖かった。

役者の時は緊張はすれど怖いとは思わなかった。

舞台上に出ていけばもうあとはやるだけだ!

みたいな感じ。

でも音響の時はやるだけだ!とはならずに

「まじでやるの?」 

みたいな。

全然感覚が違ってたなぁ。

間違った音を出したらもう終わりっていう恐怖と想像だけが己を支配していた。

そんな初オペ。

芝居を見て合わせるとか空気読むとかの次元ではなかったと思う。

そんな頃を思い出した今。

またオペってきます。

確認よーし!

いってきまーす!

オトナになったなぁと思う瞬間ってあるよね。

実際はコドモのままなんだけど。

とある事件?が起きて思わず笑ってしまった。

ケーブル切断。

今まで断線はあっても切断は初めて。

キレイな切断面を見て頭の中に火曜サスペンスのテーマが流れたよ。

「見てください。これは鋭利な刃物で切られています。」

「現場の状況は?」

「これは推測ですがおそらく、、、」

etc...etc...

まあ結果的に間に合ったから何でもいいんだ。

結局はそこだけ。

お客さんにいいものを届けられるように最善を。

いいんだったら書かなきゃいいじゃんって?

だって面白かったんだもん。

「オイオーイ(笑)」

って声に出ちゃったくらい。

ネタとしては引き出しにインさ。

そして自身の至らなさにも目を向けるいいきっかけ。

自分にとって当たり前になっていることでも知らない人は知らない。

そんな当たり前のことを今一度。

ではではまた。


演技って何だろう。

そんな哲学みたいなことをたまーに考える。

役者やってる人はよく考えるんだろうか。

演技というもんに触れ始めた頃は何となく

「何かやらなきゃいけない」

もんだと勝手に捉えていた気がする。


役の違いや役割は違えど根本的には台本と役は与えられる。

その与えられたモノをどう自分がやるか。

これがその内、

「他者ではなく自分だったらどうやるか」

こういう思考が出てくるのだ。

何なら他者との違いを出すことこそが自身の個性やアイデンティティーに繋がるのだ!

みたいな勘違いね。

もちろんオーディション勝ち抜くとかゴリゴリの競争現場でそれが求められている場なら全然健全な思考なんだけども。

もう出ることが決まっていて役割も与えられている、それでいて競争しなければいけないわけではない現場ならば、その思考は割りと作品にとって不純物なんだよな。

そりゃどんな作品でも爪痕残したいとか自身の成長を考えたいとかの向上心は全然あって良いんだけど、それは個人の都合でやってほしいところ。

あくまで作品は作品としての完成を考えてその場の自分を創っていってほしいなぁと思うのだ。

自分だったらこうやるー!

とか

こうすることが俺という役者なんだー!

とか

この台詞をこんな風に解釈してこう見せるんだぜー!

とか基本全部いらねーのよ。

正確にはそう思いながらやるってのが要らない。

やるのは全然いいし、成立してるなら勿論大アリ大歓迎。

ダガシカシ。

まずやることはそこに在る台本と台詞をそのまままっすぐやることなんじゃねーかな。

野球のピッチャーが最初はストレートから覚えて投げるように。

始めたてでいきなり変化球投げるやつなんて殆ど使えねーだろうし。

それが個性で大成しちゃうタイプなんです自分!だって天才だもの!な人はそれでもいいかな。

でもそう考えてるわけでもなさそうなのに、最初から変化球を一生懸命投げようとする人がまあまあいるよねって話。

もしくはどうやったら変化をつけられるか?が主流の思考になってる人。

まずは台本にあるモノだけをまっすぐそのままやってみないかい?

自分なりにとか個性をとか抜きにただそのままやってみる。

まずはそこからなんじゃないのかなーと。

それをすっ飛ばして台本に書かれていない言葉をイキイキと発したり、ト書きにない動きをいきなりやったりする人は、大抵台本に書かれていることは疎かにする。

それでもそんなことないよ!って言い切れる人はもう作家を舐めてるよね。

役をもらったらもうその言葉は自分だけの所有物みたいな扱いする奴マジキライ。

自分の言葉なんだから、言いづらかったら言い換えても意味は通ってるからいいよね?

自分の気持ち的にこの言葉は出てこないんだよねー?

何なら台本と違う言葉ずっとしゃべってるけどそのこと自体気付かなかったー?

演出から何も言われないからオッケーなんだー?

舐めてるだろ。

自分はそんなことないと自信を持って、もしくはそんな奴いるの?とホントに思える人はいいさ。

でもそんな感じの人でも実際の芝居では作家や作品の言葉を蔑ろにしてることも往々にしてあるよ。

間違っちゃうのはいいのよ。

噛むのもまあダメだけどいいのよ。

問題なのは

書かれている言葉に真っ直ぐ全力で向き合って飲み込んで理解しようとして誠実であろうとしているか否かなのよ。

その上で噛んだとか言い間違ったとか演出上どうしても変えなきゃいけないとかは全然いいのよ。

その努力、、、てかそれが最低限の役者の仕事だと思ってるけど、それをしないで全力で芝居をやってます!とか言う奴マジキライ。

この台詞いつも出てこないんだよねー。

この台詞言いづらいんだよねー。

ネタとして身内で言ってる分には全然オッケー。

ネタでも何でもなくホントにお客さんにまでそのまま持ち込んじゃうならそりゃもう怠慢なのよ。

言いづらい台詞なら100回間違えないように意識しながらゆっくり音読すりゃ誰だって言えるようになる。

ダメなら200回。

ダメなら300回。

言えるようになるまでやりゃ口からスルスル出るようになるゼ。

そこまでやって出ないんならそれはもう役者に向いてないってことではないかね。

台詞をしっかり言えることだけが役者としての魅力じゃない!って例もそりゃあるけどもよ。

各々それぞれの勝手じゃん?ってのも重々承知してる。

俺個人の考え方じゃん?

そりゃそうさ。

でもさ。

もったいないじゃん?

頑張ってないわけじゃない。

一生懸命じゃないわけじゃない。

手を抜いてるわけでもない。

でも舐めてるってことに気付いてもいない。

いい表情もする。

いい声も出す。

いいテンションまで上がる。

グッとくることもある。

でも。

言葉が滑る。

作家の想いや狙いをすっ飛ばしてる。

役者のスキルを足すことだと勘違いしてる。

結果伝わるものは本来届くはずのモノの何割になっちゃうんだろう。

届かないところじゃなく届くはずのところまで行けないまま終わっちゃうのは寂しいと思うのよな。

仕事とは関係ない俺個人の思考でした。

ではではまた。










↑このページのトップヘ